よくある質問

美容鍼

美容鍼

Q. 本当に効果はあるの?

はい、効果的です。お顔をいじるわけではないので美容整形ほどの変化はありませんが、エステでは満足できなかった多くの方にも喜んで頂いています。もちろん効果に個人差はありますが、全く変化が起きないということは理論的にありません。髪の毛ほどの鍼をお肌に刺して、ほんのわずかな傷をつけることで、体が免疫反応を起こしたり、自己修復を始めたりするからです。

詳しくは、美容鍼の5つの効果>

Q. 痛くないの?

全く痛みを感じない箇所や感じない時もあれば、毛抜きぐらいの刺激感を感じる時もあります。今まで何千回と施術をしてきてましたが、痛みが耐えられなくて途中でやめられた方はいませんのでご安心ください。もともと痛みに敏感な方や施術中に緊張されている方、もしくは表情筋のコリや溜まった老廃物、皮膚の乾燥などがある場合に多少痛みを伴いやすいケースが多いです。

鍼が初めてで痛みがご不安な場合は、まずお試しで頭部などに鍼を1本打ってみて、大丈夫そうであれば少しずつ施術を行っていく方法もとれますのでご相談ください。

ちなみに当院の美容鍼がなぜ痛みが少ないかと言うと…

■理由1.  0.1mmと超極細の髪の毛のような鍼だから
■理由2.  鍼を「鍼管」と呼ばれる筒に通して打つため、皮フへの刺激感を大幅に減らせるから
■理由3.  美容鍼の第一人者から直接技術指導を受け、日々研鑽もしているから

詳しくは、美容鍼“初体験” 100人アンケート>

Q. 安全面や衛生面は大丈夫なの?

はい、安全です。美容整形のような副作用や医療事故のリスクはありません。当院では、国産の使い捨て鍼を使用しており、衛生面でも万全を期しています。>

また、施術は鍼灸師の国家資格を持ったスタッフのみが行っており、全員美容鍼の第一人者から直接技術研修も受けています。さらに当院は、全国的にも珍しい美容と不妊鍼灸専門サロンですので、豊富な経験とノウハウを有しています。

Q. 何かリスクや副作用はないの?

ありません。強いて言えば、鍼を打った箇所がほんのわずかな内出血を起こすことがあります。お顔の皮膚には毛細血管が集まっており、そこへ鍼を打つ特性上、どうしても内出血のリスクを100%防ぐことは難しいからです。

とは言え、鍼自体が0.1mm程度の超極細ですので、鍼を刺した周辺がほんのわずかに青くなったり、黄色くなったりする程度で、お化粧で隠せるレベルです。通常は3〜7日程度(長くても2週間以内)で自然に消えてしまいます。

Q. 妊娠中や生理中、肌荒れがひどい時でも受けられるの?

はい、基本的にはどなたでも美容鍼を受けていただけます。「逆子鍼灸」があるように妊娠中でも鍼治療は安全ですし、年齢や性別に関係なくご利用いただけます。

また、生理痛や肌荒れがひどい時、体調を崩している時などは、美容鍼に加えて体の鍼灸治療を行えば、こうした不調を改善することもできます。

Q. 電気まで流して大丈夫なの?痛くないの?

はい、安全です。当院では、医療認可を取得している安全性の認められた特殊な電気治療器を用いています。また、人間の体の細胞はもともと電気信号でやり取りをしているため、電気の刺激自体は本来最も体に馴染みやすい刺激でもあります。

痛みに関しても、痛いと言うよりはピリピリとした刺激感がある程度です。最初は慣れないかもしれませんが、しばらく通電していると副交感神経が優位になって、うたた寝してしまうほど心地よく感じられる方もよくいらっしゃいます。

Q. どれぐらいの頻度で通えば良いの?

お肌の状態や個人差によってもまちまちですが、美容鍼を始めたばかりの時は、週1回程度で集中的に行い、肌質改善やたるみの解消を図っていきます。そしてお肌のコンディションが整ってきたら、2週間に1回、月に1回などのペースでメンテナンスをされたり、同窓会やパーティーなどのタイミングに合わせてご来院される方が多くなっています。

また、美容鍼をやる回数に多すぎるということはありませんので、もっと小まめに通院して、「自分史上最高の美肌」を目指したり、マイナス5歳肌で若返ったり、同年代の方と差をつけたり、健康と美を極めたりすることもできます。

Q. 女性の施術者はいる?

はい、女性の鍼灸師が多数在籍していますのでご安心ください。
詳しくは、スタッフ紹介>

Q. 男でも受けられる?

はい、男性の方にも美容鍼は人気です。お仕事柄 人前に出る方や営業職の方、会社の顔となる経営者の方、さらにモテたい方や若返りたい方などに特に好評です。

歌舞伎の市川海老蔵さんを始め、数多く著名人が美容鍼を受けていることで知られています。

体の鍼灸治療

鍼灸治療

Q. 鍼は痛くない?

無痛ではありませんが、あっても毛抜きで眉毛を抜く程度の痛みです。実際、全く無痛の箇所も多いため、いつ何本打たれたのか分からないぐらいです(逆に刺激を感じる箇所は老廃物が溜まっていたりコリの強い箇所です)。

理由は、注射針とは異なり、鍼が髪の毛より細く柔らかく、鍼先も丸みを帯びているからです。そのため、「思っていたより全然痛くなかった」とおっしゃる方が多いです。

Q. お灸は火傷しない? 痕が残らない?

当院では直接お肌にお灸をのせないため、火傷したり痕が残ったりすることはありません。通常はじわじわ温まる感じで気持ちよいですが、もしも熱さを感じるようであればおっしゃっていただければすぐに対応いたします。

Q. 感染や医療事故などのリスクはない?

当院で使用する鍼は滅菌処理された国産の使い捨て鍼で、使い回すことは一切しないため感染症のリスクは原則ありません。

また、施術者は十分な医学的知識を持った「はり師」「きゅう師」の国家資格者で、肺や妊婦さんのお腹など、危険性のある箇所へは施術をしないため、医療事故のリスクはありません。

Q. 副作用はない?

薬のような副作用はありません。鍼灸は外部から物理的な刺激や温熱刺激を加えることで、体にもともと備わった力を引き出し、体質を改善して症状を治していく治療法だからです。

ただし、治療により血行が良くなったり、副交感神経が優位になったりすることで、治療後にだるさやのぼせ、眠気などを感じる場合はあります。また、稀に鍼治療によってごく小さな内出血が起きることもありますが、1週間程度で自然に消えます。

Q. どのくらいの期間通院しなければいけない?

単に頭痛や生理痛の痛みを鎮めるだけであれば、1回で治ることもよくあります。ですが、慢性的な頭痛や生理痛になりにくい体質に変えていくのが目的であれば、体質改善には相応の期間がかかります。肥満体質の人が、1回のトレーニングだけで太りにくい体質に変わらないのと同じです。

また、ダイエットや筋トレで細身の体を手に入れたとしても、再び運動不足や食事の節制を欠いたりすれば、体は元に戻ってしまいます。鍼灸もこれと同じで、せっかく健康的な体を手に入れたとしても、定期的なメンテナンスをしなければ、やはり元の状態に戻りやすくなります。

ですが、月1回程度のメンテナンスさえしっかりすれば、風邪や大病知らずの体を手に入れることも不可能ではありません。それこそが、私たちが考える本当の鍼灸の魅力です。

Q. 担当者の指名はできる?

はい、できます。施術者との相性は、治療効果を左右することもあるため、ご希望の担当者をご指名ください。

Q. 妊娠中でも施術を受けられる?

はい、受けられます。薬をできる限り飲みたくない妊娠期間中だからこそ、安全な鍼灸治療がオススメです。つわりや妊娠中の腰痛、むくみ、そして逆子の治療まで、当院ではマタニティーライフをより楽しんで頂けるよう全力でサポートいたします。

不妊・妊活鍼灸

不妊鍼灸

Q. 病院と併用しても大丈夫?

はい、大丈夫です。統計的にも鍼治療を併用することで、体外受精の妊娠率が上がることが証明されています。タイミング療法やホルモン療法から人工授精、体外受精まで、どのステージでも併用して頂けます。

また、一度病院での治療をお休みされる場合でも、鍼灸治療によって体質が変わり、いつのまにか自然妊娠できていた、といったケースも多々あります。

詳しくは、不妊・妊活鍼灸>

Q. 妊娠された方は平均どれぐらい通院したの?

鍼灸は、優しい刺激でちょっとずつ妊娠しやすい体質へと変えていく治療のため、半年程度かけてご懐妊される方が多いです。最初の数ヶ月は週1回程度で集中的に通って頂くと、体質改善しやすいのでオススメです。

Q. 鍼がダメな人、効かない人はいる?

もともと鍼灸治療は子どもから高齢者までどんな方でも受けて頂ける優しい治療のため、やってはダメな人、というのは基本的にいません。ただし、子宮頸管や卵管の構造的な異常、精子の数が極端に少ない、などの問題がある場合、鍼灸治療では対応できません。

Q. 体のどこを施術するの?

患者様のカラダの状態によって様々ですが、通常は足や腰の上、おへその下のツボ刺激が多いです。