施術者のご紹介

院長 新屋 翼

院長 新屋 翼 Instagram
【保 有 資 格】
・はり師、きゅう師(国家資格)
【 略 歴 】
  • ・四日市南高等学校 卒業
  • ・トライデントスポーツ医療科学専門学校 鍼灸科 卒業
  • ・大阪の整形外科・内科医院にてリハビリ室の鍼灸責任者として勤務
  • ・エステサロンにてアロマセラピーやリンパドレナージュなどの技術を学ぶ
  • ・東京で開催された大規模ファッションイベントで芸能人やトップモデル20名以上の美容ケアを担当
  • ・三重県三重郡菰野町の美容・不妊鍼灸サロン「こもの鍼灸院」にて院長に就任
  • ・美容鍼の第一人者より直接技術指導を受ける
  • ・国内屈指の美容鍼灸師や不妊鍼灸師と交流を深めつつ、さらなる研鑽に励む
  • ・2016年、三重県No.1の施術実績をひっさげ名古屋で「こもの鍼灸院 名古屋栄院」をオープン
【他 の 活 動】
  • ・桑名西高等学校 サッカー部 専属トレーナー
  • ・ヨガ、ベビーマッサージ教室などのワークショップやカルチャースクールの主催
  • ・テーピング講師、解剖学講師
研修会での講師風景

研修会での講師風景

ファッションショーの様子

ファッションショーの様子

チーフ・鍼灸師 樋口 千尋(三重本院メイン)

鍼灸師 樋口 千尋 Instagram
【保 有 資 格】
  • ・はり師、きゅう師(国家資格)
【 略 歴 】
  • ・専門学校 名古屋医専 鍼灸学科 卒業
  • ・エステサロンにて美容ケアの知識や技術、接遇などについて学ぶ
  • ・美容鍼の第一人者より直接研修を受ける

鍼灸師 岡田 麻希(名古屋栄院メイン)

鍼灸師 岡田 麻希 Instagram
【保 有 資 格】
  • ・はり師、きゅう師(国家資格)
  • ・健康運動実践指導者(公益財団法人 健康・体力づくり事業財団 認定)
  • ・介護予防運動指導員(地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター 認定)
  • ・PADIオープンウォーターダイバー
【 略 歴 】
  • ・名古屋市 出身
  • ・トライデント医療看護専門学校 はりきゅう学科 卒業
  • ・美容鍼の第一人者より直接技術研修を受ける
【 特 技 】
  • ・水泳(200mバタフライでJOC全国大会[ジュニアオリンピック]出場)
  • ・どこでも眠れます
【好きなこと】
  • ・お菓子づくり
  • ・食べること(ぎょうざとパイナップルが大好きです)
  • ・お風呂
  • ・お灸

胡桃澤 ゆかり(名古屋栄院メイン)

胡桃澤 ゆかり
【保 有 資 格】
  • ・はり師、きゅう師、あんまマッサージ指圧師(国家資格)
【 略 歴 】
  • ・長野県飯田市出身
  • ・名古屋鍼灸学校 はりきゅうあん摩マッサージ学科卒
  • ・長野県にてアロマ×マッサージ×鍼灸のサロンを8年間経営(結婚を機に名古屋へ)
【 特 技 】
  • ・学生時代にソフトボールで長野県代表に選出される
  • ・社内随一のマッサージ技術

鍼灸師 野辺 朋香(三重本院メイン)

鍼灸師 野辺 朋香 Instagram
【保 有 資 格】
  • ・はり師、きゅう師(国家資格)
  • ・アロマアドバイザー(ナード・アロマテラピー協会)
【 略 歴 】
  • ・三重県鈴鹿市出身
  • ・トライデント医療看護専門学校 はりきゅう学科 卒業
  • ・美容鍼の第一人者より直接技術研修を受ける
【 特 技 】
  • ・高校時代にバトントワリングの三重県大会で優勝(個人の部)
  • ・サロンでのアロマセラピーやお家で手軽にできるアロマ(芳香浴など)

島 優太(三重本院メイン)

島 優太 Instagram
【保 有 資 格】
  • ・はり師、きゅう師(国家資格)
【 略 歴 】
  • ・愛知県名古屋市出身
  • ・トライデント医療看護専門学校 はりきゅう学科 卒業
  • ・社会人バスケットボール全国大会出場
【 特 技 】
  • ・焼き鳥を焼くのが得意(元鳥〇族店長)
  • ・痛み治療のプロフェッショナル

新屋院長にインタビューしてみました!

ブログやfacebookでもプライベートな情報をよく発信されていますが、新屋先生の趣味は何ですか?

登山や旅行、カフェ巡りですかね。

実は先日も学生たちの登山に医療スタッフとして帯同したのですが、このときは運動不足と睡眠不足がたたって、生まれたての子鹿のように足がプルプルして大変でした(笑)

どういう時にこの仕事をやっていて良かったと感じますか?

この仕事は、面と向かって「ありがとう」を言ってもらえる機会が非常に多いんですよね。と同時に、直接結果が出るor出ないの経過を見ていくことができる特殊な仕事でもあるんです。その為、プレッシャーや責任もとても大きいんですが、その分喜びもひとしおで…それがこの仕事の醍醐味ですね。

違う言い方をすると、患者様と一緒に分かち合えることが他の仕事より多いこと、それがやりがいです。

もとは痛みの治療がメインだったと思いますが、美容鍼を始められたきっかけは何ですか?

あるご年配の女性との出逢いがきっかけです。整形外科に勤務していた時代の話なのですが、通ってくれているのになかなか楽にしてあげられない患者様がいて、悩んでいた時期がありました。

実はちょうどその同じ時期にエステサロンでも働いていたのですが、そこでやっていた「医療機関とは違うお客様との接し方」を、逆に整形での治療に取り入れてみたんですね。そしたら、今までには見られなかった変化が出るようになったんです。まあ、行なったことと言えば、生活の中での美容のアドバイスや心のケア、リンパのトリートメントといった他愛のない事なのですが…医療の現場ではあまり馴染みのないことでした。

僕が接し方を変えたことで、患者さん自身も前向きになって、取り組む姿勢が明らかに変わったんです。その結果、症状も一気に楽になっていったんですよね。その体験から「身体を変えるには、身体にだけアプローチしていても不十分」という考えと、「女性にとっては特に、身体の症状を和らげるためにも、美へのモチベーションが大きく関わってくる」という思いを持つようになりました。

これは東洋医学で言うところの「健美」、つまり、心身が健康でなければ、美しい容姿を作ることはできない、という考えに通じる部分だと思います。健康な身体作りでも、美しい顔やお肌作りでも、どちらでも入り口は良いと。ただ、相互に影響しあっているので、それを意識できるかどうかで、どちらの結果も変わってくるんですよね。心と身体。内側の健康と外側の美容。

だから実際、頭痛や腰痛なんかで鍼灸治療をすると、お肌の調子まで良くなって精神的にも安定したり。逆に美容鍼をしたら、内面の自信も取り戻せて、頭痛や肩こりまで楽になったり…。

なので、女性の永遠のテーマである「美」を入り口に、美容鍼灸によって、顔や外見的なものだけでなく、その人の人生や生活を健やかで前向きで明るくするお手伝いをできたらいいなぁ〜と。そんな想いで美容鍼にも取組むようになりました。

最後に、今の新屋先生の目標を教えてもらえますか?

鍼灸接骨院という枠組みに捉われず、地域や人々のココロとカラダを元気にする!ということを目標にしています。女性がキレイで元気だと、それだけで地域が明るく豊かになりそうじゃないですか?!